eakumのはてブロ

あるいはここだけはてなブログ批評のはてなブログ  小説評の『お読み捨てなきよう!』、音楽評の『浮き世の恥は書き捨てっ!』は下記から

Macの修理はApple Storeで!49000円もかからないよ!



突然の復活だが
雑談系エントリをひとつふたつ。
(いや、それにしても何か慣れがたいものがあるね、はてブロ
文頭に空行とかどうすんだっけ?みたいなことを考えると
どうしても更新が億劫になる)



はてなハイクで書いたのだが、
5年近く使ってきたMac miniが故障。
いくつかどうしても失えないファイルがあることと財政上の理由で
修理をどうするか、いっそ見捨てるかでけっこう長く思い悩んだのであった。



故障内容はほぼ特定できており
単に電源スイッチ系の物理的故障。
どなたか(say-1さん?)が以前にMac miniの開腹手術を行って
その模様をハイクで連投されていたのを見てたので
頑丈で薄い料理用ヘラで試みたところ
意外とあっけなく開いたのだった。
(もちろん保証上はおすすめできない行為)
右・左・前用に2枚とか3枚とかでなく
たったの1ヘラで
「カコッ」と「爪」がホールドを解除する手応えがあったら
他の辺に移って同様にやっていけば外れる。



目論み・意図はといえば
以前から電源ボタンの効きが悪く5〜10回でやっと、ということがあったので
どうせまた昔っからの、プラや金属の経年使用劣化で
「返り」が悪くなってるとかそんなじゃねーの?という思いがあった。
開いて電源ボタンに接触した基盤なり何なりを
プラ片か何かでちょいと押しやってやれば接触良くなってONするんじゃねーの、と。



残念ながらそんなものでは治らず
まああれやこれや考えたあげく
購入したApple Storeに持ち込み修理を頼むことにしたわけですよ。



ん!
長くなるな。
タイトルを裏切るのはいやなので結論だけ先に。
結局私の読みは正しく
「カヴァー交換」で実費と技術料で5000円ちょい。
そう、ウェブ上などで「一律49000円」とあるのは
Apple日本本社?のピックアップ修理ってやつで
まあもろもろ込み込みとかあってそうなってるんでしょう、
って話です。
地理的に無理めな人もいるでしょうが
Macは買うのも治すのもApple Storeがいい。
例えば茨城や伊豆あたりに住んでても
交通費払ってもお釣りが来るはず。
せっかくなんで次回に続く。
主にApple Store礼賛エントリになります。