eakumのはてブロ

あるいはここだけはてなブログ批評のはてなブログ  小説評の『お読み捨てなきよう!』、音楽評の『浮き世の恥は書き捨てっ!』は下記から

はてなブログが不要な48の理由 - 1 あるいはここだけゆとり教育のはてなブログ

そう、タイトルは釣りなんだ、すまない。
「48」という数字も判る人には判るだろう。



数えようによっては、またエントリ上の計算によっては、
その理由を48挙げていくことも容易だろう。
約束こそできないものの、このシリーズは「 - 1」「 - 2」という形で
気の向くままに続けることになるだろう。



副題にある「ゆとり教育」とは、いわゆる「ゆとり世代」のみならず
すべてのゆとり的はてなユーザ
特に将来あるうごメモ世代のことを念頭に置いている。
この使えないブログ・サーヴィス「はてなブログ」で
ワタシがやれること/やってもいいなと思えることを考えた結果、
やってみることにしたタスクのひとつである。



今日はその強力な理由のひとつ、
はてなブログではアドセンスが使えない、
ということについて語ってみよう。
(ダルいのでたぶん次回に続くが)



もちろん宣伝になるが、ワタシのブログふたつ
eakumの読み捨て御免っ!(注:2015年6月で閉鎖済み)
eakumの浮き世の恥は書き捨てっ!
を観てみてほしい。
そこではワタシ自身のアドセンス広告が貼ってある。
はてなダイアリーでは180pt.での旧有料オプション
FC2ブログでは無料でこれがやれている。
(180はてなポイント人力検索ユーザのワタシにとっては無料に等しい)




ブログというものに対する考え方はひとそれぞれだが、
もしアナタが12〜20才くらいのはてなユーザ/ブロガーで
ゆくゆくは自分のブログをマネタイズしたい —
ブログに不特定多数の読者に訴え得る価値を持たせ
そのことによりちょっとしたお小遣い稼ぎができればいいな —
みたいに思っている場合は、
こうしたブログ・サーヴィスでアドセンスGoogle AdSense)をやるのが
非常にお得で有効な選択肢となる。
そしてはてなブログでは、少なくとも今はこの選択肢への途は閉ざされているし、
この先もおそらく、有料オプションででもない限り
やはり閉ざされたままだろう。



さて、やっぱり長くなりすぎるようだ。
この「アドセンスはてなブログ」というテーマについては
もう1、2、3回ほど語ることになるだろう。