eakumのはてブロ

あるいはここだけはてなブログ批評のはてなブログ  小説評の『お読み捨てなきよう!』、音楽評の『浮き世の恥は書き捨てっ!』は下記から

弱く儚い者たち

続々と判明するはてなブログのイミフな短所。

 

いまこうして記事を書いてるあいだにも

ありえない不具合、のろまさ加減が明らかになり

「ただの身辺雑記」さえここでは書けたもんじゃない、と感じさせられる。

 

ここのウリがいったい存在し得るものなのだろうか?

招待を受けて実際に管理画面に入り記事を書いてみる前に

ワタシが危惧していたことごとが

より高次元に具現化している —

すなわち、誰にとっても何のメリットもないブログ・サーヴィスの始動、がだ。

 

FC2ブログに予言的に書いたことはほぼ当たっていると言っていい。

まあ、βテスト中という判断保留条件はあるにしても。

「美しく弱きはてな」ー 『eakumの浮き世の恥は書き捨てっ!』